兵庫で車買取業者を探すならユーカーパックだね

今日も元気に車の売買、武藤です。ほんとに寒くなってきましたね。車の洗車をお願いしているアルバイトの方もしんどそうです。頑張って~。

車の売却を考えているならどうすべきかというお話をずっとしてきましたが、兵庫で車買取業者を探すならこのサイトを見てみるとよいですよ。

https://www.車買取兵庫.jp/

兵庫に住んでいるタカヒロさんのサイトですが、車を売る過程の話が細かく説明されていますよ。

それと、兵庫にある車買取業者の一覧も出ているのですが、よくまとめましたねぇ。ただ、結局頼むのは一括査定の方がよいのではありますが・・・・・。情報量としてすごいですよね。

このサイトでも紹介されているユーカーパックなんですが、これ、買取業者からすると、便利でもありやっかりでもあり、というサービスです。

売却したいという車の情報が査定済みの状態でわかるんですよ。ユーカーパックからの依頼で査定の代行をしてくれるところがありまして、そこでの査定情報を買取業者側で共有しています。

買取側は、欲しい車に対して入札するだけです。査定絡みの業務がなくなるので楽なんですが、買取側からすると入札制はやっかいです。なるべく安く買取るということがしにくいわけですよ。

その分、売却したい側からすれば、高値になりやすいのでいいですよね。絶妙なサービスを考えたもんですね。

このサービスはおすすめです。買取側からは微妙、絶妙、う~んな感じですけど。楽なので使いたいですけど。

車好きにおすすめの仕事

今日は少し趣向を変えて、車好きの人の参考になればと思っていることを書いてみようかと。

時々、友達から言われるのですよ。「お前はいろんな車に乗れていいな」って。車好きの人からすると、色々な車種に乗れるのは羨ましいことなんだそうです。

私は中古車屋さんですので、「あんたも車好きなんでしょ?」と言われそうですが、全くそんなことはありません。元々父親がやっていた店なので、なんとなく引き継ぐことになっただけなんですよね。自分で好きで始めたわけではないんです。だから車も別にそれほど好きではないんです。

で、「車が好きなら、じゃぁ中古車屋さんやれば?」という話になるんですが、元手がないとできないビジネスですから簡単に薦めるわけにも行きません。ただ、別に中古車屋さんじゃなくても、「色々な車種の車を運転する」という目的を達成する方法はありますよ。

「陸送」という仕事を調べてみて下さい。業態にもよりますが、小さめの会社であれば、中古車を運転し放題です。もう勘弁してーというほど運転できますよ。それこそ、軽自動車からBM、ベンツくらいまで日常茶飯事です。時々トラックなんかもありますし、運転が好きな人には楽しめる仕事でしょうね。

ただし、薄給極まりなく、拘束時間も長く、休みも少なく、毎日運転なので酒は飲めないし、犠牲も多いかと思います。ほんとに車が好き、運転が好き、運転してればOKという人ならおすすめしますが、そうでなければやめておきましょう。

触るだけ、眺めるだけでよければ、洗車のお仕事もありますよ。はい、こちらも薄給です・・・・。

買取業者ごとの得意な車種

兵庫の車買取ディーラー武藤です。

一般的な車買取査定とはちょっと違った話として、ひとつご紹介しておこうかと思います。

車買取業者は当然ながら人間が運営しているので、好みの違いなどが存在しています。どこに買取ってもらっても同じ額というわけにはならないわけですが、高めに買取ってくれそうな業者を探すコツもあります。

というのも、「この車種なら他のお客さんに売るのが得意」というディーラーもいるので、自分の乗っている車を高く売ってくれそうなディーラーであれば、買取時も高値になる可能性があるわけです。

実際には一般的な車であればそれほど変わらないかもしれませんが、趣味色の強い車であれば多少の色がつく可能性があります。

街中の中古車販売店を見ても、「この店舗は◯◯の車種が多いなぁ」なんて感じたことは無いですか?もちろん専門店であればそれは顕著ですよね。

これから売ろうとする車がそういうタイプの車なのであれば、単純に一括査定などを利用する前に、直接店舗に話を聞きに行くのも損ではないと思いますよ。

とは言え、ディーラー側はなるべく安く購入して、なるべく高く販売したいわけなので、身を引き締めて行ったほうがよいです。それと、店舗であれば、いくらで車が販売されているかわかるので、売却する際の買値の目安にもなります。

もし大衆車なのであれば、素直に一括査定を利用するのが手っ取り早いかも知れません。

査定時にチェックしている箇所

武藤です。冬に近づいて空気が澄んできて、兵庫県神戸市の有名な夜景も綺麗に見える季節になってきました。
今回も買取のコツを伝えていきたいと思います。

買取の際は査定士が車を確認しますが、主に車のどのような箇所を見て判断しているかをまとめます。各業者は、日本自動車査定協会(JAAI)の定めた基準に基づいて、独自のマニュアルを作成し査定しています。

まずは、車種やボティのカラー、年式、グレードなどは必ず確認するでしょう。人気の車種やボティカラーであると査定額が高くなることが多いです。

更に、走行距離も必ず確認しているでしょう。長く走っている車はそれだけ査定額が下がりがちです。一般的には3万キロ、5万キロ、10万キロなどで査定額が大きく変わると言われています。(5万キロで多走行車、10万キロで過走行車と呼ばれます。)

ただし、車は動かしていないと正常に動きづらくなってしまう部分もありますので、年式の古い車であるにも関わらずあまりにも走行距離が少なすぎるのも、査定面ではマイナス要素になる可能性があります。ゴムの劣化や錆の発生などで走行不良を起こしやすくなるという判断です。

キズや汚れについても見ますが、大事なポイントとして修復歴の有無も確認します。車の骨格部分にあたるフレームやルーフパネル、ピラーなどは通常使用での損傷が考えづらく、ここに修復歴があると事故によるものである可能性が高いと考えられます。修復歴があると、査定額は下がるのが普通です。

内装では、禁煙者だったかどうか、ペットの匂いがついていないかなどは、買い手が気にする点なので確認を行います。車内で喫煙がなかった場合などはアピールを行うと良いでしょう。交換が必要なほどシートが汚れていたりした場合は査定にマイナス評価となります。

その他、車の足回りや下回り(タイヤの状態、オイルの漏れの有無など)、エンジン周辺(エンジンの状態、車体番号など)と言ったところもチェックが入ります。車の購入時に渡される取扱説明書の有無や、法定点検を受けた際の定期点検整備記録簿の有無も査定に影響します。

上記のように、査定時にはかなり多くの場所をチェックされると思っていただいて問題ないです。

買取する時のコツ

兵庫で中古車買い取りのディーラーをしてます、武藤です。38歳です。

車の知識のない人が結構損する買取をしていくのを見てて、損しない為の買取の方法を教えられたらと思ってブログを開設しました。

よろしくお願いします。

では、早速なんですが、車を買取する時は新しい車に買い替える時か不要な車を売りたい時の2択がほとんどだと思います。この時に間違ってほしくないのは下取りはしない事です。

下取りは一見新しい車を安く変えたりとか魅力的な事がいくつかあるのでついつい出してしまうことがあると思うんですが、それは間違いで、下取り業者は新しい車を売ることが目的であり、仕事なので買い取る車の詳しい知識はほとんどない場合があります。

相場を知らずに買取をしてしまうと、結果売った車はもっと高く買取できたのにって後で後悔する事になるので、僕は下取りは出さずに買取に出してほしいと思ってます。

だた、買取をするにしてもあらかじめおおよその査定額とかは知っておいたほうがいいので簡単にでも調べておく方がいいです。今は一括査定業者が多いので目安になる査定額は結構簡単に調べる事ができます。

そして、その相場を元に複数の業者とやり取りをして一番高い査定額を出してくれた業者と買取する時に目安にできますよね。

この時、目安に出した査定額はあくまで少し低く見積もった時の査定額なのであくまでその査定額は最低ラインとして見ておいてください。その金額より低く査定額を出してきたら売らずに済みますし、交渉次第ではもっと高く買取してもらえる事もありますよ。

目安の金額を知っておくだけでだいぶ違いますから、おおよその値段は出しておいて損はないです。